芸能人の上戸彩が可愛らしく「使う・すぐ・残高見える」とCMしているデビットカードが気になり、作ってみました。
クレジットカードとは違い残高がすぐに見えるカードということで、日々の買い物やインターネット通販のサブとして使おうと思っていたのですが、はたして本当に使えるのか半信半疑のところはありました。
そこでまずはコンビニで使ってみたところ、渡すとすぐにカードリーダーに読み込んでくれてサイン不要のレシート1枚で完了し、そのスピーディーさに感動しました。
そして本当に残高が見えるのかWEBでチェックしたところ、本当に記載されており、再びそのスピーディーさに感動しました。
コンビニ以外のお店によっては、クレジットカードと同様にサインや暗証番号を求められますが、難なく使用することができますし、インターネット通販でも使えます。
実店舗では数百円のものでもデビットカードで支払えるので、レジでもたついてしまったりすることがなくなり、小銭自体も殆ど持ち歩かなくて済むようになりました。
カード1枚で支払いができるので、その簡単さと物理的な財布の軽さに、これはいいものだと思っています。
もうひとつの利点は、残高以上の支払いができないので使いすぎる心配もないということです。
クレジットカードならば引き落としが後日といういわば借金であり、よく管理しておかないと想定以上に使っていたという危機もありえるわけですが、デビットカードにはそれがないので安心なのです。
とても便利なので作って良かったと思っています。

クレジットカードを使う時は守らなければいけません

クレジットカードを持つようになって10年以上になるのですが
初めてクレジットカードを持つようになったきっかけはディーラーでの買い物をする時に
クレジットカードありますかと聞かれて持ったことがなかったのでないですと答えると作っておいたら
そのディーラーで買い物する時や他で買い物したりする時にも1枚持っておくと色々使えますよと言われて
作るのもすぐ簡単ですぐ審査もできるのでという話でした。
それなら作っておいたら便利かもしれないと思い作ることにしました。
それからはあまり使ってなかったのですが、一度使うとやめられない。
凄く便利で助かるんです。もっと早く作っとけば良かったと今は思います。
現在クレジットカードを使用している枚数は3枚にもなります。
きちんと使い分けているんですが、本当に作って良かったと思えるし便利でありがたいです。
ポイントがたまったりその貯まったポイントで商品交換が出来たりもします。
ポイントで商品交換も何回かしているのですが、商品もさまざまな商品があり毎回どれにしようか悩みます。
クレジットカードは便利ですが間違った使い方をすると大変なことにもなります。
カードで買い物などをした際支払いはカードにするとその時はお金がいりません。
でも必ず引き落とし日が決まっているのできちんと口座にお金を入れておかなければいけない。
滞納なんてしてしまうとクレジットカードは信用問題に繋がるのでクレジットカードを持てなくなってしまいます。
その時お金がいらないからといって次から次へと買ってしまっても後々自分が苦しくなるだけです。
使用するならきちんと考えて守って使わないといけません。
私自身もそれを心掛けて使うようにしています。