クレジットカード現金化という言葉はあまり聞き慣れないと思います。簡単に説明すると、クレジットカードのショッピング枠の利用限度額の範囲内で現金を手に入れることができる仕組みです。
流れとしては、現金化業者に申し込みをして商品をクレジットカードで購入します。その後、商品を業者が買い取ってくれ指定の口座に振り込んでくれます。そして、購入した商品が送り届けられるというものです。
例えば、10万円の商品を購入した場合には業者によっても違いますが8万円~9万円ぐらいの現金が振り込まれます。差額が業者の利益になるわけです。返済は利用しているクレジットカード会社に対して行わなければならず、そこでも利息を取られるため不利な部分が多くなっています。現金化自体は、法の網をかいくぐったようなグレーゾーンな行為ですぐに違法性を問われるようなことはありません。しかし、多くのクレジットカード会社は、規約で現金化を禁止しており、そのような行為が明るみになると一括返済を求めてくる場合もあります。
現金化を利用する多くの人は、キャシング枠が限度額いっぱいになり借り入れ方法に困っている人です。現金化の最大の危険性は、返済困難になり自己破産をしようとしても、その事実が分かってしまうと裁判所が免責を出さない場合もあるという点にあります。
また、まれに悪徳業者も存在し、商品を購入したのに現金が振り込まれないといった詐欺も発生してます。
以上のようにクレジットカードの現金化に関しては、多くの危険性をはらんでいます。

ギャッシングの危険性について

お金に関しては誰しも一度は悩んだことがあると思います。生活費の不足、公共料金の不足、その他遊奮費がもう少しあればと考えたことはあるでしょう。
そんな時の手段としては、人から借りたりクレジットカードのキャシングというものがあります。人から借りたにしてもキャシングにしても借りたものは返さないといけないのは当然ですが、どちらにしてもトラブルの原因となります。人から借りた場合には、基本的に利息はつかないと思いますが、返済をめぐって大事な人間関係が台無しになることもしばしばあります。その人間関係によっては、返済の時期を延ばしてくれる利点も反対にあります。
そこで、キャシングについて考えてみます。生身の人間から借り入れるのではなく、カードによって引き出すため関係性においては複雑になることはありません。しかし、このキャシングには大きな落とし穴があります。利息がつくのは当然ですが、その利率は最大で18パーセントと高いです。また、人から借りるのとは違い気遣いする度合いが少なく自分の預貯金のような感覚に陥ってしまうことがあります。キャシングは、複雑な人間関係は生まない代わりに機械的であるため、期限の延期といった考え方はありません。納期限を過ぎるということは、延滞ということになり、より高い利率がのしかかってきます。世間でいう多重債務者といわれる人は、返済金を返すために他の消費者金融から借り入れをするといった悪循環の中で、自転車操業になってしまっている人のことです。キャシングは上手に使えば急な出費の時に便利な方法ですが、使い方を誤ると借金地獄に陥ります。